浮気調査に探偵が必要か?自己調査ではダメなのか?問題点を探る

当サイトでは探偵による浮気調査の料金メニューや費用相場をご紹介しています。探偵は業者選びさえしっかり行えば、浮気調査を行うにあたってとても心強い存在ですが、選び方を間違ってしまうと費用のみがかさんでしまい効果が得られにくいなどのデメリットも存在します。探偵選びを行う際には、必ずきちんとした知識を持って確実な業者選びを行うように心がけましょう。

浮気調査に探偵が必要か?自己調査ではダメなのか?問題点を探る

あまり気が進まない?探偵への浮気調査依頼

bf959feb7fcdd0a0633ab6a0a50aa1b5_s

金銭的コスト

確かに探偵に浮気調査を依頼した場合、確かに費用がかかります。調べてみると意外に高額だと思っても不思議はありません。しかも探偵によっていろいろな料金体系があります。

  • 1日の調査120,000円(A社)
  • 調査員1人1時間7500円(B社)
  • 調査員2~3名1時間15,750円(C社)
  • 成功報酬制(D社)

その他に別料金が必要な場合もあり、最低でもおよそ20万円程度かかる可能性があります。しかもその調査で浮気の証拠をつかめるとは限りません。それを思うとあまり気が進まないのもうなずけます。

ただ、調査にかかる費用については必ずしも全て支払うものばかりとは限らない点、後ほどお話しましょう。

>浮気調査の料金を安くする方法

知的コスト

「費用も覚悟した!いよいよ浮気調査を探偵に依頼するぞ」と決めたら、次に問題になるのが「どの探偵に依頼すればいいの?」ということ。これがなかなか難しいものです。どの探偵も「わが探偵事務所は他の探偵事務所より優れています。」とPRしています。

何がどのように優れているのか初めてだとなかなかわかりにくいものです。「このような実績があります」、「このようなプロフェッショナルがそろっています」、「このように評価が高いです」探偵各社の公式WEBサイトをいろいろ見比べて「うん?」とうなるばかり。

どの探偵事務所に依頼するのかを決断するのにたくさんの情報を知る必要があります。やはり間違いのない探偵事務所に依頼したいですから知的コストもかかります。

精神的コスト

そもそも浮気しているのではないかという状況だけでも精神的に辛い状況です。浮気調査を依頼したとしてもその探偵を信用してよいものか、また本当に浮気の証拠が見つかったらどうすればいい?不安な思いは尽きません。

だからこそずるずると先延ばしにしてしまいがちです。「もしかしたら浮気してるのか」「浮気しているに違いない」「浮気しているとは信じたくない」さまざまな思いが頭の中をよぎって精神的にまいってしまいます。

そんなさまざまな思いに立ち向かって浮気調査を依頼することになるわけで、その精神的コストも大変なものです。

探偵に浮気調査を依頼しなければどうなるか?

2b9ae03e9c1e55b3435dcdf2d6be6b44_s

ずるずるとそのまま放置

「まあ浮気の一つや二つ、よくあることさ。そのうち飽きたらやめるだろう。」と、おおらかに構えていられる人ならそのまま放置しても平気かもしれません。ただ、浮気が本気に変わる可能性は否定できません。

>浮気癖の旦那の浮気癖を治して夫婦仲を再構築することはできるのか!?

しかし、ほとんどの人は当然ながら相手の浮気に対してのんびりと放置する気分にはなれないでしょう。「浮気していない」と信じたい気持ちが、証拠をつかむことをさけて、「浮気していないに決まっている。

何事もないのだ。」と自分に言い聞かせながらずるずると時を過ごしていくことになるかもしれません。また、浮気していると確信しながらも何も出来ないでいるかもしれません。

何か辛いことがあると、その辛いことに正面から向かっていくにはエネルギーが必要です。そのような形で不本意ながらそのまま放置することになりそうです。

自分で調査する

どうしても気になって自分で調べる人も多いでしょう。調べれば調べるほど気になってきて頭の中は浮気の自己調査でいっぱいになり、些細なことでも「これは浮気している証拠に違いない」と思えてきたりします。

ただ、この浮気の自己調査はいろいろ問題がありなかなか難しいものです。その点は後ほど詳しくお話します。

中途半端な自己調査+ずるずる放置

「浮気なんて風邪を引いたようなものさ」と気楽に構えていられるのはごく一部の人。ほとんどの人が平気で入られません。誰もが浮気の真偽を確かめたくなり何らかの形で自己調査をしながらも、やはりどうすることもできずに時が経っていくことでしょう。

ほとんどの人が中途半端な自己調査をしながらも何も解決せず結局ずるずると放置する結果になってしまうわけです。その長い間の精神的コストはとても大きいものといえます。どこかで決断していく必要があります。

やってしまいがちな自己調査の問題点

8ef29fc6f3e8565f53270fe00862cdc8_s

状況証拠ばかりを集める

浮気調査では裁判で通用する証拠をつかむことが重要です。「これはおかしい。浮気しているのじゃないか。」と、浮気が疑われる程度のものでは通用しません。

  • 出張が妙に増えた
  • 趣味が変わった
  • 携帯を誰にも見せないようにしている
  • 家にいるときに携帯電話の呼び出しがあっても出ない
  • 車の掃除をするようになった
  • いそいそと出かけることが増えた
  • 出かけた後、帰ってきたら妙にやさしい
  • 急におしゃれになった
  • 必ず外で電話をする

このようなことは浮気を疑う理由にはなりますが、浮気をしている証拠にはなりません。浮気調査の必要性は色濃く示しているでしょうが、裁判で通用する証拠ではないということです。

>裁判で浮気相手に慰謝料を請求しても認められないことがある!?

つまりこれらのことをいくつ集めても何も変えられません。「浮気はしていない」と言い張られるとそれまでです。浮気調査の重要な目的は裁判で通用する証拠をつかむこと、これが自己調査では難しいといえます。

集めた状況証拠を元に問い詰める

これもやってしまいがちです。「これでも隠し通せると思っているのか。素直に白状しやがれ!」という気持ちから、相手に問い詰めてしまうわけです。

場合によってはそれで浮気を認めるケースもあるので、ついついそうしてしまうのですが、「浮気していない」と言い張った場合に問題が深刻化します。

  • 浮気を疑って調査をしていることが相手にわかる
  • その後、浮気がばれないように巧妙なやり方に変わる
  • 夫婦関係がいっそうまずくなり、浮気の証拠をつかんだ後の対処方法に影響する

浮気もばれないようにやるのでしょうが、浮気調査もばれないようにする必要があります。問い詰めてうまくいけばよいのですが、うまくいかないとマイナスが大きいのです。

違法調査をしてしまう

証拠をつかみたい一心で、相手のメールやSNSなどパスワードが必要なWEBコンテンツを見ようとするかもしれません。しかし、これは夫婦間であっても不正アクセスなどの違法行為となる可能性が高いのです。

確かに浮気相手とそのようなやり方で連絡をこっそり取り合っているかもしれません。それでもこちらが違法行為をすると不利になります。

それである程度の証拠をつかんだとしても違法行為で得た証拠は、証拠として認められない可能性も高いことに注意が必要です。

>自分で浮気調査をすると気づかないうちに犯罪を犯しているかも!?

結論ありきの調査をしてしまう

「浮気をしていないと信じたい」との思いから浮気をしていない証拠を集めたくなったり、「浮気をしているに違いない」との思いから、目にするものがなんでも浮気をしている証拠に見えてきたり、客観的な判断をすることは難しいのです。そのようなことから自己調査で真実が正しく見出せるのか?という問題があります。

浮気調査のプロ、探偵事務所に依頼するメリットは大きい

3dcda2e40ab22fe60d8bef431a16d1e0_s

誰もが浮気調査のために生きているわけではなく、忙しい日常の生活があります。気力と時間を費やしての自己調査と費用をかけてプロに依頼することとの違いはとても大きいものです。

「中途半端な自己調査+ずるずる放置」を10年間続けるか、プロに依頼して1日または数日で真実をつかむか、どちらがよいか?ということになります。

どの探偵事務所がよいのか選ぶのも難しいですが2~3週間も探偵事務所の情報を集めているとだんだんわかってきます。浮気の自己調査の労力と比べると楽なものです。

また決して安くはない料金ですが、浮気相手から慰謝料を取ることを視野に入れでおきましょう。慰謝料はさまざまなケースがあるので決まった金額ではありませんが、50万~300万円あたりが期待できるといわれています。

自己流の調査で何年もの長期間、気力と労力を費やしたあげく、証拠もつかめない、むしろ不利になったなどということを考えると、探偵事務所に依頼するメリットは大きいです。

最近登録された新着の浮気調査コラム

すべてのコラムを見る