探偵の浮気調査に個人情報保護法は無関係なのか

当サイトでは探偵による浮気調査の料金メニューや費用相場をご紹介しています。探偵は業者選びさえしっかり行えば、浮気調査を行うにあたってとても心強い存在ですが、選び方を間違ってしまうと費用のみがかさんでしまい効果が得られにくいなどのデメリットも存在します。探偵選びを行う際には、必ずきちんとした知識を持って確実な業者選びを行うように心がけましょう。

探偵の浮気調査に個人情報保護法は無関係なのか

探偵は個人情報保護の例外措置を受けられる

9422678eed2dbc2bde924a3b5779e7fa_s

個人情報保護法は様々な情報を個人情報を保護するもので、第三者が他人の情報を容易に調べる事は出来なくなっています。

これは家族などで会っても同じ扱いを受ける場合が多く、企業の中には様々な詐欺などを警戒するために情報開示をかなり制限している場合や、そもそも担当者に閲覧する制限がないなど、厳しい扱いをしている所も多いのです。

これだけ厳しく情報を管理しているなら、探偵も浮気調査をするのが難しいのではと思われがちですが、探偵には法律的に例外措置が認められているのです。

もちろん、探偵だからと言って全ての情報を無制限に調べられるわけではなく、内容も限定されます。

また、収集した情報に関しては依頼の完了後に速やかに破棄しなければいけないなど、様々な取り決めがされているのです。

これは探偵業が届け出制であり、行政も仕事の内容確認などを行っているからです。探偵事務所が浮気調査に活躍するのは、一般人が触れられるよりも情報量が多いことと、効果的に情報を収集するノウハウを持っていることが大きいのです。

そのため、決定的な証拠をつかみたい場合や、行動の裏付けをとり経場合は自分で動くよりも探偵に依頼した方が良い場合も多く、より正確な情報を掴みやすくなるのです。

何より探偵は依頼者の納得できるだけの情報を集めなければならず、客観的な情報や証拠を集める必要があるため、情報の裏付けも含めた慎重な調査を行ってくれるのです。

>探偵に浮気調査を依頼する流れ

浮気調査のつもりが自分で違法行為に手を染めてしまうケースも

cf49b12ee8e7a4215b74f83751f3bfe9_s

探偵事務所に浮気調査を行うもう一つの理由に、意外にも違法な方法で浮気調査を行ってしまう個人が多いことも挙げられます。

特に、近年は盗聴器やスパイアプリなど、一般人でも簡単に手に入りやすく、しかし、プライバシーの侵害になるアイテムやサービスが増えており大きな問題になっています。

>自分で浮気調査をすると気づかないうちに犯罪を犯しているかも!?

購入自体は違法ではことが多いのもポイントで、費用も安く住んでしまうため、証拠集めに活用してしまう人もいるのです。

しかし、実際にはプライバシーの侵害などで訴訟リスクが高まるだけでなく、自分が刑事事件の犯人として捕まってしまう可能性もあります。

購入することと合法的に使えるかは別な話であるだけでなく、持っているだけで話がこじれるなど、相手にマイナス印象を与えてしまう可能性もあります。

浮気の調査を行う場合は、そう言ったリスクとの戦いも重要なポイントになるのです。探偵であっても盗聴器の使用は違法になるため注意が必要なポイントになります。

>浮気調査を依頼すると通話記録を調べてもらう事はできるのか?

盗聴で取得した情報は証拠として使えない場合も多く、リスクがあまりにも大きすぎるのです。あくまで違法にならない手段で調査をし、地道に証拠をつかんでいけるかが探偵の腕の見せ所でもあるのです。

特に当事者同士のやり取りは感情的になり過ぎる傾向が高いため、より客観的で動かない証拠を手に入れるためにも第三者である探偵に頼んだ方が冷静に結果を受け止めることができ、訴訟のリスクなど費用面のマイナスを抑える事も出来るのです。

最近登録された新着の浮気調査コラム

すべてのコラムを見る