浮気されて離婚になったら旦那と浮気相手にいくら慰謝料を請求できる?

当サイトでは探偵による浮気調査の料金メニューや費用相場をご紹介しています。探偵は業者選びさえしっかり行えば、浮気調査を行うにあたってとても心強い存在ですが、選び方を間違ってしまうと費用のみがかさんでしまい効果が得られにくいなどのデメリットも存在します。探偵選びを行う際には、必ずきちんとした知識を持って確実な業者選びを行うように心がけましょう。

浮気されて離婚になったら旦那と浮気相手にいくら慰謝料を請求できる?

 

浮気 慰謝料 相場

旦那が他の女と浮気して離婚することになった場合は、離婚した元旦那と浮気相手の両方から慰謝料を請求することができます。

浮気相手に請求できる慰謝料の金額は「相手がすぐに支払える金額」に落ち着くことがほとんどですが、離婚する元旦那にはいくら払ってもらえるのでしょうか?

>浮気相手が支払う慰謝料の相場とは?

そこで今回は元旦那の浮気が原因で離婚することになった場合、いくら慰謝料を請求できるのかお話しします。

離婚する元旦那に請求できる慰謝料の金額は?

旦那の浮気が原因で離婚する場合、元旦那に請求できる慰謝料の相場は200万~300万円前後になっています。

浮気相手に請求できる慰謝料の金額が最大で100万円ほどなので、トータルで300~400万円ほどの慰謝料を取ることができると思ってください。

また、子供がいて親権をもらった場合は慰謝料とは別に養育費も請求することができます。

>離婚した時に請求できる養育費はいくら?

慰謝料の話し合いは旦那と浮気相手を分けて話し合おう!

旦那と浮気相手と自分の3人で慰謝料の話し合いを行うと、旦那と浮気相手が結束して2対1の状況ができてしまうので、自分が正しい事を言っていたとしても数の力で押し切られて話し合いが不利になってしまいます。

だから慰謝料の話をするときは「旦那と自分」「浮気相手と自分」と別々に話し合うようにしましょう。

話し合う順番はまず旦那からです。旦那に浮気した事実や証拠を出させた上で、慰謝料についての話し合いを進めていきましょう。

そして旦那と話し合いが終わった後は、旦那に出させた浮気の証拠を持って、浮気相手と慰謝料についての話し合いをしに行きましょう。(証拠を掴まずに浮気相手の元に行ってしまうとしらばっくれる可能性があるから)

>浮気相手に示談交渉で慰謝料を請求する時に気を付けることとは!?

浮気相手と話し合いをしたくないなら離婚する旦那にまとめて慰謝料を支払ってもらおう!

浮気相手からも慰謝料は欲しいけど、浮気相手のところに出向いて話し合いをするのは面倒だ・・・。という方は離婚する予定の旦那に、浮気相手に支払ってもらいたい分の慰謝料もまとめて支払ってもらう事も出来ます。

例えば、旦那に200万、浮気相手に100万の慰謝料を支払ってほしいと思った場合は、旦那に総額300万を払ってもらうようにすると浮気相手と会わずに済むんですね。

ただ、どうしても離婚するきっかけになった浮気相手にも制裁を与えてやりたい!という場合は、我慢してでも浮気相手と会って慰謝料を請求しましょう。

最近登録された新着の浮気調査コラム

すべてのコラムを見る