旦那の浮気の証拠を掴んで離婚の話しを有利に進めよう

当サイトでは探偵による浮気調査の料金メニューや費用相場をご紹介しています。探偵は業者選びさえしっかり行えば、浮気調査を行うにあたってとても心強い存在ですが、選び方を間違ってしまうと費用のみがかさんでしまい効果が得られにくいなどのデメリットも存在します。探偵選びを行う際には、必ずきちんとした知識を持って確実な業者選びを行うように心がけましょう。

旦那の浮気の証拠を掴んで離婚の話しを有利に進めよう

夫婦の離婚原因には「性格の不一致」や「嫁姑問題」など様々ありますが、その中でも多いのが「旦那の浮気」です。

旦那の浮気が原因で離婚する場合は、相手に非があるので慰謝料を請求することができますが、決定的な証拠がないと慰謝料を支払ってもらえない可能性があります。

そこで今回は離婚の話しを有利に進めるための方法をお話しします。

浮気の証拠を用意しないと言い逃れされてしまう可能性がある

浮気相手との連絡メールを見た。あなたの友達が旦那と浮気相手が一緒にいるところを目撃した。などのことがきっかけで旦那の浮気が発覚しても、裁判で認められる浮気の証拠がないと、慰謝料を請求しても「離婚するのはいいけど、浮気の証拠はないから慰謝料は支払わない」と言い逃れされることもあります。

だから旦那に離婚の話しを切り出す時は、裁判でも認められる決定的な浮気の証拠を用意してから話し合いの場を設けましょう。

>裁判で認められる浮気の証拠とは?

旦那の浮気が原因で離婚することになった時に請求できる慰謝料の相場

浮気された場合の慰謝料は100~500万の間で決まる事が多く、その中でも150万円前後に収まる事が多いです。ただしこれは裁判になった場合の金額になります。

もし裁判せずに示談交渉で慰謝料の金額を決める場合は、あなたが提示した言い値を元に、旦那が「その金額で支払います」と納得した金額になります。つまり示談ならば裁判よりも高い慰謝料を支払ってもらえることもありますし、逆にまったく支払ってもらえない事もあるんです。

ですので、浮気された慰謝料を請求する場合は、まず示談交渉で慰謝料を請求し、自分の希望する金額にならない場合は弁護士に相談して裁判を起こすのが得策です。

決定的な浮気の証拠を用意するなら探偵を利用しよう

旦那の浮気の証拠は自分でも探し出すことはできますが、そのためには2週間以上、ながければ1か月以上も毎日、旦那を尾行・張り込みして調査しなければいけませんので非常に厳しいです。

探偵に浮気調査を依頼すると何十万円もの調査料を支払う事になるので躊躇する人も多いですが、旦那と離婚するのであれば探偵の調査料も慰謝料に上乗せ請求することができます。

最近登録された新着の浮気調査コラム

すべてのコラムを見る