旦那の浮気が原因で離婚したのに子供の親権をとられた!?

当サイトでは探偵による浮気調査の料金メニューや費用相場をご紹介しています。探偵は業者選びさえしっかり行えば、浮気調査を行うにあたってとても心強い存在ですが、選び方を間違ってしまうと費用のみがかさんでしまい効果が得られにくいなどのデメリットも存在します。探偵選びを行う際には、必ずきちんとした知識を持って確実な業者選びを行うように心がけましょう。

旦那の浮気が原因で離婚したのに子供の親権をとられた!?

 

浮気 親権

相手の浮気が原因で離婚することになった時は、100%相手に非があるので「自分が子供を引き取る」と主張すれば、相手もその条件を受け入れてくれるものです。

しかし稀に、自分が浮気をして離婚になったのに「子供は俺が引き取る」という人もいます。

このように相手の浮気が原因で離婚したにも関わらず子供の親権を主張してきた場合、向こうに親権を取られることはあり得るのでしょうか?

相手の浮気が原因で離婚する場合は90%以上子供の親権をとることができる!

子供の親権を取ることができるかどうかは「経済力」が大きく関わっており、浮気された側が働いている(すぐにでも働ける)状態であれば、90%以上の勝率で子供の親権を得ることができます。

つまり今は専業主婦でも、離婚後にパートでもいいから働くことが出来れば大丈夫なんですね。

また、子供の親権をとる事が出来れば養育費も貰えるようになりますが、中には離婚してからしばらくした後に養育費を支払わない人も出てくるので注意しましょう。

>請求できる養育費の相場は?

浮気されて離婚したのに親権がとられるパターンとは?

浮気が原因で離婚した時は、ほとんど浮気された側が子供の親権をとることができますが、

  • 重い病気を抱えており働くことが出来ない
  • 子供が向こうに付いていきたいと主張した
  • そもそも子供を育てるつもりがない

このような場合は浮気された側だとしても、裁判で親権を向こうにとられる可能性があります。

また、女性が浮気して離婚した時は、男性が浮気して離婚した時よりも親権がとりやすくなってしまうので注意しましょう。

最近登録された新着の浮気調査コラム

すべてのコラムを見る