探偵に浮気調査を依頼すべきか?浮気の兆候を探る

当サイトでは探偵による浮気調査の料金メニューや費用相場をご紹介しています。探偵は業者選びさえしっかり行えば、浮気調査を行うにあたってとても心強い存在ですが、選び方を間違ってしまうと費用のみがかさんでしまい効果が得られにくいなどのデメリットも存在します。探偵選びを行う際には、必ずきちんとした知識を持って確実な業者選びを行うように心がけましょう。

探偵に浮気調査を依頼すべきか?浮気の兆候を探る

浮気発覚防止のための行動

49ae47edc0e9e03008697dfd6b7f78c1_s

家族内で情報コントロール

浮気がばれないようにするためにその証拠となりそうなものを隠したり、また逆に嘘を言ってうまくごまかそうとしたりするケースが多くみられます。

家庭の中にもプライバシーがあるとはいえ、あまりにもプライバシーを主張しすぎる傾向など不自然さを感じてしまうものです。また浮気を疑われないように積極的にもっともらしい嘘をつくようになって、今までよりも饒舌になることもあります。

>浮気旦那がしている浮気の隠し方

家族内での情報隠蔽の動き

浮気の証拠となりそうな個人情報がありそうな場所は次のようなところです。

  • 携帯電話
  • 車の中
  • 請求書や明細書

携帯電話は浮気相手との連絡やコミュニケーションに使われることが大変多く、ロックをかけることはもちろん電源もoffにしていたり、携帯電話が家の中のどこにあるのかわからないように隠しているケースがあります。

徹底して携帯電話を見られないように工夫しているわけです。また浮気相手とのデートに自宅の車を使うこともあり、その場合は車の中に浮気の証拠となるようなものがないか気になることが多く、またデートに使うのできれいにしておきたいという理由から、今まで以上に車の掃除をするようになるなどの行動がみられます。

>パートナーの浮気が気になった時にチェックするポイントとは!?

さらに浮気には何かと費用がかかります。カードの明細書などが家に届かなくなることもあり、お金の使い道がばれないような工夫も顕著です。

そのような費用の引き落としのための銀行口座を別に設けている場合もあります。また情報を隠すために家族内でのコミュニケーションが減り、家の中にいても家族から距離をとるような時間が増えます。

偽情報でごまかす動き

隠すのとは逆に不審に思われるのを避けるため、何か正当な理由で外出するとか外泊するなどの説明が増えたりします。

その結果、会社の付き合いが妙に増えたり同窓会が増えたり子供に関連する付き合いなどの他、家に帰るのが遅くなるさまざまな理由(残業、飲み会など)が増えたりするでしょう。

そういった偽情報を信じてもらおうと、今まで以上に詳しい説明をすることがあります。また、家族に見せる携帯電話と浮気用の携帯電話を別に用意して携帯電話を堂々と家族に見せているケースなど様々です。

浮気の時間確保のための行動

60eacb0da04baf2e964cca8f1b2515a8_s

外出の増加や急な外出

休みの日でも浮気相手と話をするため、外で携帯電話を使用することが増えます。ちょっと出かけてくる、コンビニなどに買い物に行く、用事ができたと、これまでにないほど回数が増える傾向があります。

また「急用ができた」などと言って1時間?2時間の外出などもあるでしょう。ちょっとした外出にも必ず携帯電話を持っていくのが特徴です。

長時間または長期間の外出の増加

SNSなどのコミュニティサイトを通じて遠方の相手との浮気もありますし、浮気相手と旅行に行くこともあります。そのための言い訳として出張や旅行、同窓会などが増える傾向に注意が必要です。

遠方の浮気相手の場合は3ヶ月に1度や2ヶ月に1度など定期的な外泊が見られるケースがあります。また外泊でなくても残業などを理由に帰宅時間が遅くなった、休日出勤が増えるなども特徴です。

>職場以外で浮気に繋がってしまう出会いとは?

在宅時間や家族との関わりの減少

浮気の時間を確保するためには、何らかの方法または理由で自宅を離れる必要があり、外出の増加と外出時間の増加の結果、当然のことながら在宅時間が減ります。

そして、家事などがおろそかになったり、子供の事に関わる時間が減ったりと家の中に変化が表れるのも特徴です。近頃家の中が雑然として片づいていない、洗濯する回数が減った、子供の相手をしなくなったなどのケースがあります。

また家の中でもSNSやメールのやり取りなど、家族にその画面を見せないようにしながらやっている場合もあります。

浮気の心理的側面

70c109ad9236e9d9cda37c79e43d1be6_s

家庭への心理的兆候

浮気をしていると「家族にばれないように浮気の時間を確保したい」との気持ちから、いろいろな行動をとるわけですが、他の心理的な変化もみられます。

まずあげられるのは「家庭から心理的にも離れたい」ということです。特に浮気に罪悪感があるとこの心理は強く働きます。

よくあるのは、子供の事や引越しの事、家族の将来の事、このような強く『家庭』を感じさせる話題が心苦しく、そのような話題を明らかに避ける傾向です。

また、関心が浮気の方に向かい家庭への関心が薄れ、家の中の事が面倒に感じるような場合もあります。子供の幼稚園や保育園の事など「どこでもいいじゃないか」と軽く考えたり、家族旅行を嫌がったり、家族とのコミュニケーションが減る傾向です。

このような心理から家族に対して攻撃的暴力的になる場合もみられます。

趣味趣向の変化

ファッションの趣味が変わった、おしゃれになった、ダイエットに熱心になったなど、容姿に関わる変化。おいしいレストランなど飲食店に詳しくなった、家族が見た事がない映画を見ているなど、デートコースに関係しそうな情報。

やった事もないような趣味の詳細。これらのような家庭の外に見せる顔または話題が充実してくるケースがあります。

また、好んで見るテレビ番組にも、今まで見なかったような番組を見るようになるなど変化があるかもしれません。これらは、浮気相手によりよく見られたい、浮気相手の趣味に合わせようということが目的、このように浮気相手との関係を強化しようとする心理の現れと考えられます。

態度の変化

浮気を疑われないように警戒するため、無口になる饒舌になる感情的になるなどの他、時におどおどしたり「しまった!ばれたか…」のように顔色が曇ったりするような場面が見うけられることもあります。

浮気の証拠や浮気に関連する事をうっかり言ってしまいそうになって、話をしている途中で急に口をつぐんでしまうなど、不自然な態度として現れるでしょう。

また明らかに嘘だとわかることでも頑なに主張して譲らないなどの傾向も見られ、携帯電話の呼び出し音が鳴っているにも関わらず「鳴っていない」と言い続けた例もあります。

探偵に浮気調査を依頼すべきか?

7f95b9957e6ac1819774a91895a2f0bd_s

総合的に考える必要

ここまで紹介してきた浮気の兆候は、浮気をしていない場合にも見られることです。探偵に浮気調査を依頼すればそれなりの費用もかかります。1つや2つの兆候が見られるからといって探偵に調査を依頼すれば、空振りに終わる可能性は否定できません。

>探偵に浮気調査を依頼する流れ

請求書や明細書を家に届けずにネット上で確認するように切り替えることは浮気していなくてもよくあることです。浮気相手ではなく友人の影響で趣味が変わる事もあります。

車を大事にしようと心がけ車の掃除を熱心にするようになることもあるわけです。すぐに浮気に結びつけるとそれ自体が費用の無駄や家庭内不和になることだって考えられます。総合的に検討することが必要でしょう。

浮気の兆候の考え方、まず携帯電話に注目

何でも浮気の証拠だと決め付けてしまっては、よい判断ができません。そこで注目ポイントの整理をしてみましょう。

  • 携帯電話を中心に考える
  • 外出理由を考える
  • 外出頻度や外出時間を考える
  • その他の兆候を検討する

このような優先順位で考えていくことをお勧めします。まず、携帯電話をどのように扱っているか、コンビニに行くにも持って出るか、パスワードでロックをかけるだけでなく携帯電話そのものを隠していないかなどに注目したいところです。

次に外出理由が不自然でないかを検討しましょう。さらに近くのコンビニに何度も行く、または些細な用で出かけたのに長時間帰ってこない、そのようなことが頻繁にあった2週間~1ヵ月後に出張または旅行があるなど情報を組合わせて見ましょう。

この段階で限りなく怪しいなら他の兆候も合わせて考えるとよいでしょう。浮気のパターンは人によって違いますので、すべての兆候が必ずあるとは限りません。いつどの時間帯に浮気しているのか想定できるほど怪しいなら探偵に浮気調査を依頼する価値があるでしょう。

最近登録された新着の浮気調査コラム

すべてのコラムを見る