ダブル不倫!?旦那の浮気相手も既婚者だったら慰謝料はどうなるの?

当サイトでは探偵による浮気調査の料金メニューや費用相場をご紹介しています。探偵は業者選びさえしっかり行えば、浮気調査を行うにあたってとても心強い存在ですが、選び方を間違ってしまうと費用のみがかさんでしまい効果が得られにくいなどのデメリットも存在します。探偵選びを行う際には、必ずきちんとした知識を持って確実な業者選びを行うように心がけましょう。

ダブル不倫!?旦那の浮気相手も既婚者だったら慰謝料はどうなるの?

ダブル不倫 慰謝料

もし旦那の浮気が発覚したとしたらどうでしょう。浮気相手から多額の慰謝料をとってやりたい気持ちになりますよね。もちろん相手が浮気したことを認めたのであれば慰謝料を請求することはできます。(離婚する場合は旦那にも慰謝料を請求できる)

しかし旦那の浮気相手が既婚者女性で【ダブル不倫】だった場合は、独身女性との浮気と同じように慰謝料を請求するわけにはいきません。

ダブル不倫だと浮気相手の旦那にも慰謝料を請求されて相殺される!?

【ダブル不倫】の場合でも浮気相手に慰謝料を請求することは可能です。

>浮気相手に請求できる慰謝料の相場

ただし、あなたが浮気相手に慰謝料を請求するのと同じように、浮気相手の旦那もあなたの旦那に慰謝料を請求することも考えられます。

お互いが慰謝料を請求する状況になってしまうと、慰謝料を相殺しあうことになるので、「お互いに慰謝料の請求はしない」という話に落ちついてしまうので慰謝料をもらうことはできなくなります。

浮気した旦那と離婚するなら何も考えず慰謝料を請求できる

ダブル不倫になった場合の被害者は「浮気した旦那Aの嫁B」と「浮気した嫁Cの旦那D」の2人です。

この場合、被害者の嫁Bは旦那Aと嫁Cに慰謝料を請求する権利を獲得。旦那Dは旦那Aと嫁Cに慰謝料を請求する権利を獲得できます。

つまり浮気された側は慰謝料を請求されることはないので、もし浮気した旦那と離婚するのであれば、慰謝料を相殺されずに受け取ることが可能になるわけなんです。

離婚はしないけど浮気相手から慰謝料をとりたい!

上記のように離婚をするなら何の躊躇もなく慰謝料を請求できますが、浮気されたけど離婚はしないという場合は、慰謝料を相殺される可能性があります。

しかしダブル不倫の事実を浮気相手の旦那が知らない場合は、慰謝料を相殺されずに請求できるチャンス。

なぜなら浮気相手も本音を言えば「旦那に浮気していた事実がばれると離婚になるかもしれないから知られたくない」と思っているからです。

そこでダブル不倫の事実を知っている「あなた」と「あなたの旦那」と「浮気相手」の3人だけで話し合う場を設けて、「自分で出せる金額を慰謝料として支払う代わりにあなたの旦那には知らせない」という話を切り出すと、ダブル不倫でも慰謝料を相殺されずに支払わせることができます。

>浮気相手に示談交渉で慰謝料を請求する時に気を付けること

最近登録された新着の浮気調査コラム

すべてのコラムを見る