浮気について自分で問い詰めてはいけない?浮気調査で多い失敗理由

当サイトでは探偵による浮気調査の料金メニューや費用相場をご紹介しています。探偵は業者選びさえしっかり行えば、浮気調査を行うにあたってとても心強い存在ですが、選び方を間違ってしまうと費用のみがかさんでしまい効果が得られにくいなどのデメリットも存在します。探偵選びを行う際には、必ずきちんとした知識を持って確実な業者選びを行うように心がけましょう。

浮気について自分で問い詰めてはいけない?浮気調査で多い失敗理由

 

夫の浮気を疑う場合、いざ裁判となってもこちらが勝てるような確かな証拠を揃えておく必要があります。

しかし自己調査を行った結果、浮気調査に失敗してしまい証拠を揃えることが出来なかった、という結果に終わることも。

ここでは浮気調査に失敗してしまう理由について迫ってみました。

浮気の確証もないのに問い詰めてしまうと証拠を隠される!?

パートナーの浮気を疑った際に一番やってはいけないNG行動として、夫の携帯メールなどで浮気を疑うものを発見してすぐに問い詰めるという行動です。

例えばメールの内容が少し怪しいという理由だけで浮気を問いただしても、こちらには何の根拠も明確な証拠はないので、簡単に言い逃れされる可能性があるのです。そして今すでにある別の浮気の証拠も隠してしまう可能性もあります。

まずはちゃんとした浮気の現場を押さえること、それらの写真や動画を押さえることで相手に言い逃れのできない証拠を集めておきます。ですからこのような明確な証拠を完全に入手するまでは怪しいというだけで不倫を問い詰めたりすることは避けましょう。

場合によっては開き直られてしまう場合もありますし、いざ探偵に依頼しようと思っても証拠を入手するのが困難になってしまいます。

本気で不倫の証拠を手に入れたいという方は夫の警戒心を煽ることはせず、油断させたまま泳がすことが大事なのです。メールなども次の浮気相手との密会の日にちが分かる可能性もあるので放っておくことが良いでしょう。

別居してしまうと浮気の証拠が掴みにくくなる

離婚を考えている方は早々に別居を考える方も多いと思いますが、タイミングが早すぎてしまうとパートナーの浮気の証拠が入手しづらくなってしまいます。

ですので別居をするタイミングとしては、不貞の証拠を掴んでからにした方が良いと思います。それまでは別居したくても我慢して夫の不貞の証拠取得のために近くで見守っておく必要があるのです。

またパートナーの浮気が発覚しても自分自身でむやみに尾行することは避けましょう。例えば変装をして容姿を変えて挑んでも、シルエットが似ているだけでバレてしまう可能性があるからです。

最近登録された新着の浮気調査コラム

すべてのコラムを見る