浮気相手によって相手から慰謝料を貰うために揃えたい証拠とは

当サイトでは探偵による浮気調査の料金メニューや費用相場をご紹介しています。探偵は業者選びさえしっかり行えば、浮気調査を行うにあたってとても心強い存在ですが、選び方を間違ってしまうと費用のみがかさんでしまい効果が得られにくいなどのデメリットも存在します。探偵選びを行う際には、必ずきちんとした知識を持って確実な業者選びを行うように心がけましょう。

浮気相手によって相手から慰謝料を貰うために揃えたい証拠とは

 

夫の不倫行為は到底許せないものですが、女性の場合はやはりそれ以上に夫の不倫相手の存在が憎らしくなると思います。そんな不快な思いをさせられた相手にはできるだけ多くの慰謝料請求ができないかと考える方もいるでしょう。

やはり慰謝料請求額を増やすポイントとしては不倫調査が一番有効です。ここでは相手から慰謝料をとるための浮気調査についてご紹介します。

浮気の慰謝料は離婚してもしなくても請求できる

不倫や浮気が発覚すると、どちらも証拠を残すことでその行為が立証され、慰謝料を請求できる可能性があります。

また裁判沙汰になったとして、裁判官が見て不倫と断定する証拠をこちらが握っていれば、慰謝料の金額を増やすことも可能です。

不倫の場合は夫の浮気行為によって妻は大きな精神的苦痛を受けることになります。そして人によっては体調不良や精神不調になることもあり、仕事や家事へも少なからず影響が出ると思います。

そのため心労、通院費、治療費、逸失利益などの精算として慰謝料という形で請求することができるのです。

不倫の慰謝料請求は離婚を考えた上での夫に対しておこなうケースや、夫と不倫相手の両者に請求するケース、または離婚はせずに不倫相手のみに請求するケースなどがあります。

浮気を立証する証拠がないと言い逃れされるケースも!?

不倫相手から慰謝料を請求できるケースについては、浮気相手が「夫が既婚者である」という事実を知っていた場合のみ有効となります。

その理由は夫が既婚者だと知らないということは、普通に恋愛してただけという解釈になるからです。浮気相手には何も落ち度がない場合はその相手には不法行為は成り立たなくなり慰謝料を請求することはできません。

夫が独身と嘘をつくことで結婚している事実を隠して付き合っていた場合は当然慰謝料請求できません。

しかし浮気相手は夫が結婚していたことを知っていた場合でも、なかなかそれを証明することは実際には難しいと言われています。ですので夫が結婚指輪をしていた、または相手の女と夫が既婚者だと知っていたという何かしらの証拠を集める必要があるのです。

最近登録された新着の浮気調査コラム

すべてのコラムを見る