浮気調査がまさかの失敗?よくある失敗例についてご紹介

当サイトでは探偵による浮気調査の料金メニューや費用相場をご紹介しています。探偵は業者選びさえしっかり行えば、浮気調査を行うにあたってとても心強い存在ですが、選び方を間違ってしまうと費用のみがかさんでしまい効果が得られにくいなどのデメリットも存在します。探偵選びを行う際には、必ずきちんとした知識を持って確実な業者選びを行うように心がけましょう。

浮気調査がまさかの失敗?よくある失敗例についてご紹介

 

浮気調査は必ずしも成功するわけではなく、中には失敗してしまう例もあるのです。

自分で調査をする場合だったり、探偵業者に調査を依頼した場合でも失敗してしまうこともあります。ここではそんな浮気調査で失敗してしまったよくある例をご紹介していきます。

探偵も完璧じゃない!浮気調査中に相手にばれてしまうことも!?

実際にプロに浮気調査を依頼してもターゲットに見つかってしまう可能性はありますし、失敗の事例もたくさん出ています。

その理由にはGPSなど対象車両に設置した機器が見つかってしまったり、尾行して調査をしている最中に気づかれてしまったり、浮気では無かった場合などです。

またプロが調査しているのにも関わらずターゲットから調査していないか指摘されるケースも多いと言います。このように相手に調査がバレてしまった場合、相手が逆上してしまうと今度はあなたが不利な立場に立たされることもあるのです。

浮気調査を失敗してしまえば最悪の場合こちらが訴えられるというケースもあるので慎重になることが大事なのです。

では、このように実際に浮気調査に失敗してしまった場合は返金や損害賠償など保証制度は設けているのでしょうか。結論から言うと返金や保証などを行っていない探偵社がほとんどの現状です。しかし対応してくれる会社はまだまだ少ないですが失敗してしまった際に返金するという探偵業者もあるようです。

浮気調査をすると夫婦関係が崩壊するリスクもある

調査員の経験不足が原因でターゲットに尾行していることや聞き込み調査を行っていることがばれてしまうケースがあります。

実際に浮気の疑いがあるということで調査を依頼したけれど、ばれてしまったことから夫婦関係に溝が出来てしまい離婚になったケースもあるのです。そして探事務所は依頼人から損害賠償請求訴訟を受けた事例もあるほどです。

またこれは結果的に良いのですが、調査をしてもらった結果探偵事務所から提出された報告書では、浮気を疑っていた相手は実際にパートナーの仕事上の関係者であったケースです。

浮気相手では無かったと言う良い結果ですが、かなりの大金をつぎ込んでしまい結果的に思い込みだったという形で終わるケースも少なくありません。

最近登録された新着の浮気調査コラム

すべてのコラムを見る