不倫行為に泣き寝入りしたくない人のための浮気調査

当サイトでは探偵による浮気調査の料金メニューや費用相場をご紹介しています。探偵は業者選びさえしっかり行えば、浮気調査を行うにあたってとても心強い存在ですが、選び方を間違ってしまうと費用のみがかさんでしまい効果が得られにくいなどのデメリットも存在します。探偵選びを行う際には、必ずきちんとした知識を持って確実な業者選びを行うように心がけましょう。

不倫行為に泣き寝入りしたくない人のための浮気調査

 

不倫行為とは、配偶者がいるのにも関わらず配偶者以外の異性と性的な関係を持つことですが、泣き寝入りしないためにはどうしたら良いでしょうか。

不倫行為があった場合には法律上は浮気行為に対して慰謝料を払う義務があるとされています。ここでは泣き寝入りしないための不倫行為に対する浮気調査の方法をまとめてみました。

不倫行為を証明できる証拠・証明できない証拠

実際にパートナーが不倫をした際に不倫された側が訴える場合、不倫行為を証明できる確かな証拠が重要なカギとなります。

ですが不倫は通常の場合、他の人に見られないような密室で行われることが多いので、これという証拠を掴むことは難しいとされています。中でも1~2回ほどの性交渉しか持っていない場合や性交渉にまでいかない場合は、やはり不貞を証明する証拠を掴みづらいので難しいのです。

肉体関係を持っているような証拠を得るためには、その現場に居合わせるか確かな写真を撮るしかありません。そのことから間接的に肉体関係があったとされる証明できる証拠は有利に働きます。

例えばパートナーと浮気相手がラブホテルに出入りしている証拠写真や、性交渉があったことを認める記録性交渉の事実を認めたメールや手紙も有効です。

またラブホテルへの宿泊記録やコンドームなどのレシート、ラブホテルへ行ったことがわかるカーナビなどのGPS機能も証拠となります。

浮気調査がばれると逆に訴えられるかも!?

やはり素人が勝手に尾行をしたり浮気相手の身元調査などを行う行為は簡単そうに見えて危険が多いのでおすすめはしません。

プロの場合は長年の腕と調査力から慎重に調査を行っていくのです。尾行にはプロの張り込みのやり方などがあるのでバレることなく調査ができるのです。ですので、多少依頼費がかかったと してもしっかりとプロの力を借り、万が一離婚となった場合の強みを掴み相手をぎゃふんと言わせましょう。

これから自力で証拠を掴もうとしている方は、安易な調査をしてバレてしまっては逆に相手から訴えられてしまう可能性もあるので注意が必要です。

調査を依頼する上で旦那さんの携帯電話から浮気相手の名前や電話番号などを調査して、ある程度の情報を掴んでおきプロに報告するという手段はおすすめです。

最近登録された新着の浮気調査コラム

すべてのコラムを見る