法律的に違法となってしまう浮気調査の方法について

当サイトでは探偵による浮気調査の料金メニューや費用相場をご紹介しています。探偵は業者選びさえしっかり行えば、浮気調査を行うにあたってとても心強い存在ですが、選び方を間違ってしまうと費用のみがかさんでしまい効果が得られにくいなどのデメリットも存在します。探偵選びを行う際には、必ずきちんとした知識を持って確実な業者選びを行うように心がけましょう。

法律的に違法となってしまう浮気調査の方法について

 

探偵業者が行う浮気調査は法律上問題ないのか?ということが気になり、なかなか踏み切れないという方もいらっしゃると思います。

しかし探偵には探偵業法という法律があるためこれに沿っていれば合法なのでご安心ください。ここではそんな浮気調査と違法性について調べてみました。

探偵に依頼して行う浮気調査は違法じゃない!

浮気をされ悔しいと思い浮気調査会社に依頼したいけれど、これは違法にならないのかが気になっている方も多いでしょう。

しかし浮気調査に関しては法律上、合法になります。それは探偵業法という法律が存在し、それに基づき浮気調査を行う場合は法に触れません。

しかし浮気調査会社が勝手に浮気調査をすることはできないため、調査を仕事として行う場合は前もって警察に届出をしなくてはいけません。

ですから許可をもらって浮気調査をする場合、探偵業務は法に触れることなく浮気の証拠集めができるのです。

ですがその特権を乱用して関係のない人を調査してしまった場合はもちろん違法となります。あなた自身が浮気調査会社に依頼をして、浮気調査をしてもらうのは違法にはなりませんので安心してください。

友人にお願いして浮気調査すると違法になってしまう!?

では違法になる浮気調査は存在するのでしょうか?

依頼者からの正当な申込みがあり、その時点で契約を交わした場合は、第三者の探偵が依頼者の代わりにターゲットを尾行してもプライバシーの侵害にはなりません。

しかし依頼者から何も申し込みがなく、契約書を交わしていなければ探偵でも普通の一般人と同等扱いとなります。プライバシーの侵害にあたってしまい法に触れてしまいます。

また例えば奥さんや旦那さん、彼氏、彼女の浮気の証拠を掴むために、知人などに協力してもらって尾行してもらう行為も法に触れます。

ですので依頼を受けてない探偵や勝手に尾行行為を行った場合はプライバシーの侵害になるということです。

浮気の証拠を集めたいからと行ってやり過ぎてしまうと、逆にプライバシーの侵害となり刑事告訴されてしまう可能性もあるので注意したい点でもあります。

最近登録された新着の浮気調査コラム

すべてのコラムを見る