探偵と浮気調査の契約書を交わす時に注意することは?

当サイトでは探偵による浮気調査の料金メニューや費用相場をご紹介しています。探偵は業者選びさえしっかり行えば、浮気調査を行うにあたってとても心強い存在ですが、選び方を間違ってしまうと費用のみがかさんでしまい効果が得られにくいなどのデメリットも存在します。探偵選びを行う際には、必ずきちんとした知識を持って確実な業者選びを行うように心がけましょう。

探偵と浮気調査の契約書を交わす時に注意することは?

 

探偵 契約

探偵に浮気調査を依頼する時は必ず契約書を交わすことが法律で決まっています。探偵の契約書に限らず、契約書のほとんどは細かい字でたくさんの契約内容が書かれているので、ついつい面倒くさくなって全部チェックせずにサインをする人も多いでしょう。

しかし、契約書の内容をちゃんと確認せずに契約を交わしてしまった結果、金銭トラブルに発展してしまう事もあるので注意しなければいけません。

浮気調査の契約書を交わす時に注意して確認するところ

探偵と交わす契約書の内容には主に【料金】【調査期間】【秘密主義】についての契約内容が書かれていますが、特に気を付けて確認してもらいたいのは【料金】と【調査期間】です。

浮気調査を行う探偵会社の中には規定の調査料だけでなく、成功報酬が発生するところもあります。

また、探偵と言えど浮気調査が100%成功するとは言い切れません。場合によっては「尾行がばれた」「浮気の証拠写真を撮ることができなかった」など、浮気調査が失敗する時もありえます。

>探偵にも浮気調査が上手い人と下手な人がいる!?

契約書を交わす前には探偵としっかり話し合ってトラブルを回避しよう

上記のようなケースが起こった場合はどうなるのか?探偵としっかり話し合わなかったり、契約書の内容をよく見ずにサインをしてしまうと、自分に不本意な契約内容が記載されている可能性もあるので、後でトラブルに発展してしまうこともあります。

>探偵に依頼するうえで考えられるトラブルは?

そのため浮気調査の契約書を交わす時は、最低でも「成果報酬は発生するのか、発生するならいくらなのか?」「浮気調査がばれた場合の料金やサービスはどうなるのか?」は確認してから、契約書にサインを書きましょう。

口頭では言っていなかったけど、契約書には書いてあるという内容も稀にあるので気を付けてください。

探偵との契約書の隠し場所にも注意

探偵と浮気調査の契約書を交わした後も油断はできません。浮気調査がばれてしまう原因のひとつに、依頼者の持っていた契約書が相手に見つかってしまった。というケースもあります。

特に結婚している場合は、家の中もすべて共有しているので、ひょんなことから隠しておいた浮気調査の契約書が相手に見つかる可能性も否定できません。

ですので、契約書は必ず見つからないように隠しておくことが必要です。また、隠し場所がどうしても思いつかない場合は、依頼した探偵に預かってもらっておくというのも手です。

>探偵に浮気調査をすると必ずばれることはない?

最近登録された新着の浮気調査コラム

すべてのコラムを見る