信頼できる探偵を探すために知っておきたい浮気調査の基本

当サイトでは探偵による浮気調査の料金メニューや費用相場をご紹介しています。探偵は業者選びさえしっかり行えば、浮気調査を行うにあたってとても心強い存在ですが、選び方を間違ってしまうと費用のみがかさんでしまい効果が得られにくいなどのデメリットも存在します。探偵選びを行う際には、必ずきちんとした知識を持って確実な業者選びを行うように心がけましょう。

信頼できる探偵を探すために知っておきたい浮気調査の基本

探偵に依頼する前に準備しておくべきこと

e271c274fc94d2ade7b920388b1f9a12_s

まずは下調べ

探偵に浮気調査を依頼する前に、自分で下調べをしておきましょう。

下調べをしておくことで浮気疑惑が本当かどうかをチェックすることができますし、そのご探偵に調査を依頼するとしても下調べである程度のことを掴んでおけば調査の手間を省くことができます。調査の手間が省けて探偵の労力が減れば調査期間の短縮につながり、支払うべき報酬額も低く抑えられます。

下調べといっても特殊な作業は必要ありません。ちょっとしたことを調べておくだけで十分なので、まずは自分の手で浮気調査をしてください。

下調べのポイント

浮気調査の下調べでチェックしておくべきポイントとしては次のようなものが挙げられます。

  • 携帯電話やスマートフォンの記録
  • 領収書やレシート
  • クレジットカードの明細
  • 行動パターン

携帯電話やスマートフォンの記録は、浮気の証拠として最も直接的なものです。通話履歴や保存メール、SNSのやりとりなど浮気相手と連絡をとった形跡があれば動かぬ証拠になります。ロックが破れないのであれば無理する必要はありませんが、出来る範囲で携帯電話やスマートフォンをチェックしておきましょう。

領収書やレシートは浮気相手と一緒にどこに出かけているのかを証明する書類です。覚えのないレストランやホテルの領収書があれば浮気相手と出かけた可能性が高いので、必ず控えておきましょう。

クレジットカードの明細も同様に浮気相手との行動をつかめる強力な証拠になります。プレゼントした形跡などを見逃さ内容細かくチェックしておきましょう。

浮気をしている人物は、何もしていない時と比べると明らかに行動パターンが変化します。遅く帰ってきた日や休日出勤した日などは浮気をしている疑いが強まります。毎日何時に出かけて何時に帰ってきたのかを記録しておくだけでも有力な手がかりになるので、日記をつける感覚で記録しておきましょう。

下調べで無駄な支出を抑える

浮気調査を探偵に依頼すると確実な調査結果が期待できます。素人には真似できないプロのテクニックを駆使した調査ですから、相手が浮気の事実を隠そうとしていても確実な証拠を添えて具体的な調査報告書を提出してくれるでしょう。

しかし、浮気調査を依頼しても証拠がおさえられないケースもあります。それはどんなケースかといえば、浮気が疑惑だけで事実ではなかったときです。

もし浮気が疑惑だけで事実ではなかった場合、浮気をしていなかったという安心感は得られますが探偵に支払う調査費用は無駄になってしまいます。

探偵は質の高い仕事をしてくれますが、それに見合うだけの報酬を支払わなくてはいけません。浮気をしていると勘違いしていたからといって調査費用が安くなることはまずありえません。通常の報酬を支払わなくてはいけませんから、無駄な支出になってしまいます。

余計な支出を抑えるためにもまずは探偵に依頼する前に下調べをしておきましょう。

探偵の探し方

e2bab8c7a4953e1f22240ad3a2ed66a3_s

重要な探偵探し

探偵に浮気調査を依頼すると決意したら、探偵探しをスタートします。

探偵といっても実力も信頼もバラバラで、安い費用で確実な調査をしてくれる探偵もいればいい加減な調査で報酬をふっかけてくるような不埒な探偵もいます。確実な浮気調査のためにはなんとしても実力ある探偵を探さなくてはいけません。

電話帳で調べる

多くの探偵事務所は電話帳に電話番号を掲載しています。探偵事務所に心当りがないのなら電話帳を調べて連絡をとってみてください。

電話帳で調べる方法のメリットは時間や手間がかからないということです。電話帳を見ることができれば直ぐに連絡を取れますから、とにかく早く探偵を探したいときにピッタリです。

その代わり、電話帳では探偵の実力や評判を知ることができません。連絡した探偵がたまたま質の悪い探偵だったりすると、浮気調査もレベルの低いものになってしまいます。

インターネットで調べる

ネット上には多くの探偵事務所がサイトを解説しています。探偵事務所のサイト以外にも探偵を比較したサイトや実際に利用した体験談などもあるので、いろいろな情報を比較検討して信頼できそうな探偵を探すことができます。

情報が豊富で比較しやすい反面、誤情報やデマが混じっている可能性も考慮しなくてはいけません。悪意はなかったとしても個人の感想だったり古い情報などが誤認の元になることもあるので、慎重に情報を調べながら探偵探しを進めましょう。

知人に紹介してもらう

探偵事務書を利用した経験者が知人にいるなら探偵を紹介してもらうのもいいでしょう。

人からの紹介というのは信頼性が高いですし、経験のある知人からも話を聞けるので探偵の実力もチェックできます。探偵を利用した経験者が身近にいるとは限らないためだれでも利用できる方法ではありませんが、自分一人の力で探偵を探すよりも安心です。

探偵との契約で注意すべきこと

b379203a5985106be33a29992ce4d63e_s

費用は明確に

探偵との契約で最も注意すべきことは「費用」です。

探偵に浮気調査を依頼すると安くはない費用がかかります。調査期間や調査内容によって変わるものの、一般的な浮気調査費用の相場は50万円?100万円程度かかってしまいます。

探偵と契約する段階でいくら支払うのかをはっきりさせておかないと、後々料金トラブルになる可能性があります。費用の内訳や具体的な金額、追加支出の扱いなどは明確にした上で契約してください。もし契約前に不明瞭な点があるなら、契約を見合わせましょう。

>探偵に浮気調査を依頼したらトラブルになった!?

最近は成功報酬型契約を採用する探偵も増えていますが、調査に失敗しても経費だけは請求されたり半額請求されるケースもあるので費用負担ゼロにはなりません。依頼未達成時の報酬についても必ず確認しておいてください。

何を持って成功とするのかを確認しておく

浮気調査を依頼するときは、何を持って成功とするのかをしっかり確認しておきましょう。

写真や動画などの証拠を押さえれば精巧なのか、それとも浮気相手の身元を特定するところまで依頼するのかによって同じ浮気調査でも必要な調査期間や費用は変わってきます。

何を持って成功とするのかのすり合わせが不十分だと調査報告のときにトラブルになりかねません。余計なトラブルを回避するためにも、どのレベルの調査を希望するかをはっきり伝えておきましょう。

トラブルが発生したときの対応について

浮気調査が何事も無く進めばよいのですが、調査にトラブルはつきものです。何らかの緊急事態が発生したら同対応すべきなのか、事前にきちんと話し合った上で契約を結んでください。

>探偵と契約書を交わす時に注意すること

例えば、浮気調査をしている事実が相手にバレてしまったら、調査ターゲットが海外に行ってしまったら、浮気相手が複数存在したらなど、あらかじめある程度の不測の事態を想定しておけばトラブルが発生してもすみやかに対処することができます。

よい探偵の見分け方

a42c34c31fdf5617a3fe500a87bdf0da_s

お金の話をきちんとしてくれるのは信頼できる証拠

お金の話をきちんとしてくれるのは信頼で着る証拠です。探偵といってもビジネスである以上、お金にきちんとけじめがつけられる人物でなければ信頼できません。費用の詳細についても細かく説明し、こちらが納得するまで質問に答えてくれるような探偵を探しましょう。

逆にお金の話をきちんとしてくれない探偵には注意が必要です。特に料金明細に曖昧な名目が会ったり用途不明な支出が見積もりに入れられている場合は、水増し請求されている可能性があります。

契約後に追加費用を請求される可能性もありますから、契約前にお金の話が曖昧であると感じたら契約は見合わせたほうがよいでしょう。

事務所の雰囲気もチェックポイント

探偵事務所の雰囲気も大切なチェックポイントです。掃除はきちんと行き届いているか、職員の態度は好感が持てるものか、スタッフがきちんと働いているかなど好印象が持てるかどうかをチェックしてみましょう。

信頼できる探偵事務所ほどスタッフの質も高く、事務所の雰囲気も良いものです。部屋が薄汚れていたり活気が無いような探偵事務所には警戒が必要です。

丁寧に説明してくれる探偵を探そう

こちらの質問に対し丁寧に説明してくれるかどうかも探偵を見分けるチェックポイントになります。

誠実な探偵は依頼者の疑問や質問に対し納得行くまで丁寧に説明してくれます。面倒がらずしっかり時間をかけてでも依頼者の理解を優先してくれるようであれば、浮気調査も質の高いものが期待できます。

時間がかかっても複数の探偵事務所を訪問し、探偵の態度を参考に信頼できる探偵事務所を探しましょう。

>探偵に浮気調査を依頼する流れ

最近登録された新着の浮気調査コラム

すべてのコラムを見る