結婚していない恋人同士だと浮気相手から慰謝料を請求できない!?

当サイトでは探偵による浮気調査の料金メニューや費用相場をご紹介しています。探偵は業者選びさえしっかり行えば、浮気調査を行うにあたってとても心強い存在ですが、選び方を間違ってしまうと費用のみがかさんでしまい効果が得られにくいなどのデメリットも存在します。探偵選びを行う際には、必ずきちんとした知識を持って確実な業者選びを行うように心がけましょう。

結婚していない恋人同士だと浮気相手から慰謝料を請求できない!?

 

恋人 慰謝料

パートナーの浮気が発覚したときの話し合いで必ず出てくる内容と言えば【慰謝料問題】です。浮気されて精神的に苦しめられた気持ちを、パートナーや浮気相手に慰謝料で償ってもらうことは法律でもみとめられています。

>浮気相手に請求できる慰謝料の相場とは?

ただし浮気された人によっては既婚者であったり、だたの恋人関係であるなど、人によってパートナーとの関係が違います。

そこで今回はパートナーとどんな関係であっても、浮気相手に慰謝料を請求することはできるのかお話しします。

結婚しているなら慰謝料を請求できるが恋人関係なら慰謝料は請求できない!

まず結論から言うと、あなたが既婚者で浮気された場合は浮気相手に慰謝料を請求することはできますが、未婚の恋人関係で浮気された場合は浮気相手に慰謝料を請求することができません。

なぜなら法律上では「夫婦間の貞操義務」が破られた、つまり既婚者なのに第三者と肉体関係をもったときにのみ慰謝料を請求できる。と定められているからです。

だから夫婦ではない恋人にはこの法律は適応されないので、慰謝料を請求することはできないのです。

恋人関係でも婚約している場合は慰謝料を請求できる!

普通の恋人関係でパートナーが浮気した場合は、浮気相手に慰謝料を請求することはできませんが、恋人と正式に婚約している場合は、特例で未婚であってもパートナーと浮気相手の両方に慰謝料を請求することができます。

ただし既婚者の立場よりも請求できる金額は低くなります。(相場で何十万円ほど。100万円を超えることは難しい)

>浮気の証拠を集める方法

最近登録された新着の浮気調査コラム

すべてのコラムを見る