素人の自己調査とはここが違う!探偵の浮気調査

当サイトでは探偵による浮気調査の料金メニューや費用相場をご紹介しています。探偵は業者選びさえしっかり行えば、浮気調査を行うにあたってとても心強い存在ですが、選び方を間違ってしまうと費用のみがかさんでしまい効果が得られにくいなどのデメリットも存在します。探偵選びを行う際には、必ずきちんとした知識を持って確実な業者選びを行うように心がけましょう。

素人の自己調査とはここが違う!探偵の浮気調査

自己調査はおよそこのような実態

a61d72eb048289f1ae5312e4572f71e7_s

浮気を疑うきっかけ

相手が結婚前からずっと浮気ばかりしている、いつも浮気を疑っている、このような場合には浮気を疑い始めたきっかけというものは特になく、ずっと疑い続けてきたかもしれません。

逆に、浮気などほとんど疑ったことがなかったとしても、心の中には「浮気されたら絶対嫌だ」という気持ちはあることでしょう。それがある日「もしかしたら浮気している?」と疑念を抱くことになるきっかけはいくつかあります。

  • シャンプーや香水など、家の中にはない香りが服についている
  • 何だか近頃、態度や様子がおかしい
  • 夜遅くまでスマホかパソコンをやっていて、しかも絶対に画面を見せない
  • 急におしゃれになった

香りの変化や目で見てわかりやすい違いから「もしかしたら浮気?」と疑い始めるケースは多いでしょう。しかし、もっともらしい理由のついた外出が少々増えたとしても、それが「浮気の兆候か」と疑うよりも「最近忙しくなったんだな」と思う程度にとどまることがあります。

>パートナーの浮気の証拠を自分だけで集める方法

身の回りの所持品を調査

衣類のポケット、スマホやパソコンなどから何か浮気を示す証拠はないかと探してみたり、机や家具の引き出しの中に何かないか調べてみたりします。カードの明細書などでお金に使い道を調べたり、車の中に何か落ちていないかなども調べることもあるでしょう。

調べれば調べるほど気になっていく

浮気しているのではないかという疑念を持っていると、「ちょっと出かけてくる」と言って出かけただけで、「浮気相手に会いに行くのではないか」と心配になってきます。

また、心配すればするほど何でも浮気の証拠に見えてくるという状況にもなるでしょう。本当は「浮気ではなかった」と安心したいのに、心配ばかりがつのって行く結果になりがちです。

「浮気」などのキーワードで検索

これは浮気の兆候だ、あれが浮気の兆候だった、様々な情報に詳しくなって自己調査でもかなりの精度で浮気を見抜く目を養う結果になります。つまり調査能力が向上していくわけです。

外出や外泊は増えていないか、出張だ仕事だと理由は言っているがそれに矛盾はないかなど、様々なことに注意を払うようになるでしょう。

ついやりすぎてしまう

心配ばかりがつのっていく日々は精神的にも辛く、つい焦って感情的に問い詰めてしまったり、素人ながら尾行したりして失敗を招くケースもあります。調査していることを相手に知られた時点で調査は失敗です。

浮気の証拠をつかもうとSNSやメールなどのパスワードをやぶって不正にアクセスしても、それで得たものは証拠とはみなされません。不正アクセス防止法違反に問われる危険性もあります。

>自分で浮気調査をすると気づかないうちに犯罪を犯しているかも!?

精神的にも問題あり

人間ですから、このような状況の中で精神的に平穏でいられるはずもなく、感情的になりやすいでしょう。夫婦喧嘩の頻度が増す、別居してしまう、子供にも影響が出るなどのほか、自分自身も精神的にまいってしまうことがあります。

決め手に欠ける自己調査

570aea86d24cd4873f98fb0aee5e898a_s

証拠が得られない

何か疑いの濃厚な事実をつかんだとしても証拠能力が充分あるかどうかは疑問です。次のようなものは証拠にはなりません。

  • 浮気相手と電話している会話を聞いた
  • 怪しげなホテルの宿泊料金を支払った形跡がある
  • 金遣いが荒くなっている
  • 外出が多いまたは外泊が増えた
  • 定期的に帰りが遅くなる
  • 車の助手席の位置が変わっている
  • 尾行した結果、異性とデートしているのを見た

このようなことがあると、浮気を疑うには充分です。ほぼ間違いなく浮気をしているのではないかと確信したくなります。しかしこの程度では証拠とはいえず、むしろこれらは「本格的に浮気調査をする必要がある」ことを示しているものといえるでしょう。

浮気の証拠になるものとは

複数回、同じ相手と明らかに性的行為を行ったと示せる客観的な証拠が必要です。はっきりと誰かわかる写真や動画で車の中での行為やラブホテル等の出入りを証明できるものです。

暗くてよくわからない写真、遠すぎたりピントがぼけていたりして誰かわからないものでは証拠になりません。

調査のプロ、探偵の調査体制

1664bb3366fe906cf2669d80d4d6f4f7_s

複数人での尾行

自分で尾行した場合、マスクやサングラス、帽子などで少々変装していても、夫婦として暮らしてきた相手ならわかりやすく、また浮気をしている最中には夫にまたは妻に出くわさないように注意を払っているものです。

電車で移動されたりタクシーで移動されることもあり、素人の手にはおえません。さらに、ずっと一人の人物がついて回っているのも、尾行に気づかれる原因です。

その点、探偵は尾行に手馴れた調査員が2人以上の体制で尾行するのが一般的です。その分、調査費用はかかりますが、素人がやりがちな見よう見まねの尾行と能力が違います。

>探偵に浮気調査を依頼して実際に行動を開始するまでの流れ

バイクや車などの機動力とGPS

調査対象が電車で移動するならそのまま尾行しやすいですが、タクシーに乗った場合はそれを尾行する必要があります。徒歩での尾行とは限らないわけです。

映画やドラマのように調査対象がタクシーに乗ったら、追う側もタクシーに乗って…と、都合よくタクシーが来てくれたり、誰かの車を奪い取って尾行を続けるなどということは現実にはできません。

あらかじめ渋滞にも強く機動力の高いバイクなどを用意しているものです。また浮気に車を使っていると考えられるケースでは、その車にGPSをしかけて位置を特定しながらの尾行も行われます。

無線で連絡を取り合いながら尾行

複数人で役割分担をする場合もあります。後ろから尾行する者、先回りする者、バイクを使用する者、GPSで位置を確認する者、その時々に応じた役割分担や連携を無線で連絡しながらの尾行です。

このようなことも素人にはまねできないことでしょう。

素人調査とは機材が違う

車の中を撮影しようとすると、外の光がフロントガラスなどに反射して中がよく写らないものなのです。カメラさえあれば撮影できるだろうと考えてしまいがちですが、実は好条件でないとうまく撮影できません。

車内を撮影するためには特殊な偏光フィルターを備えたカメラが必要です。また、浮気は夜に行われることが多く、暗い中でカメラのフラッシュが光るとそれだけで調査がばれてしまいます。

そのためには高性能の暗視カメラが必要です。さらに相手にばれずに撮影する、場合によっては遠方から撮影するための高倍率の望遠レンズなどを駆使します。素人が自己調査をしようと、このような機材を自前で揃えるならその購入費用は高額です。

プロの探偵の浮気調査でつかむ浮気の証拠

0f70aacdb9842702bba3c2f6cec6377a_s

自己調査と探偵の調査

素人の自己調査は決して無駄にならない部分があります。探偵に調査を依頼するにも事前の自己調査で、およそ浮気しそうな日時、浮気相手と疑わしい人物など、手がかりがあるほど調査費用が安くすむからです。

ただ自分で尾行をしたり焦って問い詰めたりせず、探偵に任せるべき部分はやはり依頼したほうがよいでしょう。尾行する能力や証拠をつかむ能力は、素人ではまねできないものがあります。

複数人での連携した尾行、証拠写真の撮影能力、どれをとっても違います。

目標は有力な浮気の証拠

探偵によっても能力の差があることは確かで、探偵ならば必ず一通りの人員や一通りの機材と調査能力がそろっているとは言えません。ただ探偵に関してもいろいろな情報があり、どの探偵事務所がよいか調べる手段もあります。

自分である程度の浮気の調査したら、証拠とは言えないまでも、疑うに充分な根拠は見出せるかもしれません。しかし、それ以上踏み込むと失敗につながる恐れがあります。

その後は、素人にはとてもつかめない明確な証拠写真など、法的に有力な証拠を手に入れるため、優れた探偵に依頼するのが最終的にとるべき手段でしょう。

>探偵に依頼するうえで考えられるトラブルは?

最近登録された新着の浮気調査コラム

すべてのコラムを見る