自分で浮気調査できる?探偵と自己調査どちらが良いのか

当サイトでは探偵による浮気調査の料金メニューや費用相場をご紹介しています。探偵は業者選びさえしっかり行えば、浮気調査を行うにあたってとても心強い存在ですが、選び方を間違ってしまうと費用のみがかさんでしまい効果が得られにくいなどのデメリットも存在します。探偵選びを行う際には、必ずきちんとした知識を持って確実な業者選びを行うように心がけましょう。

自分で浮気調査できる?探偵と自己調査どちらが良いのか

自分で浮気調査する方法とは?

89112ab72b23b8792e786668a470ecc2_s

夫が浮気しているかもしれないと思う人は、証拠を掴むために探偵への依頼を考えるものですが、探偵に調査依頼をすると高額な費用がかかってしまいます。

離婚を視野に入れた場合、できるだけ貯蓄は残しておきたいので、無駄な費用を支払いたくはありません。それを考えれば、できれば自分で浮気調査をして証拠を掴み、低価格で離婚したいものです。

>浮気されて離婚になったら旦那と浮気相手にいくら慰謝料を請求できる?

しかし、浮気調査だけであればまだしも、証拠を掴むというのはなかなか難しい話です。綿密に計画を立てて行動する必要があります。

裁判で認められる証拠とは

証拠を掴むとは言っても、普通の人が想像する証拠と、実際に裁判で有効となる証拠は別である場合があります。そのため、しっかりと証拠の定義について理解しておきましょう。以下が裁判で有効となる証拠です。

  • 携帯電話でのメールなどのやり取り(これをカメラで撮影したもの)
  • クレジットカードの明細(コピーでも良い)
  • 性行為やそれに近い行為を証明するもの(写真がベスト)
  • ホテルや浮気相手の家などに二人で入ったことを証明するもの
  • 夫がサインと捺印が入った浮気をしたことを認める書面
  • 自分で書いた日記(浮気を疑い始めた時期から、起きたことや心情を書いた日記)

証拠による証拠能力の差

浮気を認めた書面は一番証拠能力が高い絶対的な証拠です。しかし、夫が認めなければ意味がないので、なかなか取るのは難しいでしょう。そしてそれと同等の証拠能力があるのは、性行為の写真です。

しかしこれも、夫の携帯電話から見つけるか、自宅で浮気を行っている、ということがなければ取得するのは難しくなります。一番取得しやすく、証拠能力も高いのは、ホテルや浮気相手の家に入る時の写真です。

性行為の写真の次に証拠能力が高いものとなりますので、必ず持っておきたいものといえます。

>裁判で浮気相手に慰謝料を請求しても認められないことがある!?

具体的にどうやって証拠を得る?

自分で行う調査の方法として、まず挙げられるのが携帯電話の調査です。普段一緒に暮らしていれば、いくらでも見ることは可能なはずですので、これはそれほど難易度は高くありません。

やはりどうしても難しくなってくるのは、ホテルや浮気相手の家に入った際の写真です。男性が浮気する際には、奥さんが同窓会などで確実にいない日を狙う傾向があるので、嘘の同窓会の日時を告げ、そこで写真を撮るというのが現実的なやり方です。

もしかしたら、浮気相手を自宅に呼ぶかもしれないので、写真自体も撮りやすくなります。

自己調査は危険も多い

515173ce86c6f1487b5f57bb4321efdd_s

費用を節約できる自己調査ですが、そこには危険も多くあります。一番考えられる危険としては、奥さんが浮気調査をしていることを夫に勘付かれ、警戒されてしまうことです。

こうなるとプロの探偵に依頼しても、尻尾を掴むことが困難になってしまい、その分、調査費用が多くかかってしまうことになります。

場合によっては、かなりの費用を支払ったにも関わらず、警戒されており、まったく証拠を掴めなかったということにもなりかねません。そのため、自己調査にはリスクもあるということを認識しておかなければなりません。

>自分で浮気調査をすると気づかないうちに犯罪を犯しているかも!?

夫に先に手を打たれてしまう可能性も

夫に調査を勘付かれた場合、証拠が取れなくなるだけであればまだ良いほうです。一番最悪なのは、夫に離婚の準備をされてしまうということです。浮気するような夫ですから、もしかしたら別に離婚しても良い、と考えている可能性もあります。

離婚というものは、初動が早いほうが絶対的に有利です。特に子供の親権の問題になってくると、夫に子供を連れて行かれ、居場所が分からなくなってしまえば取り戻すのは難しいです。

裁判所は現在、夫と妻、どちらと何年住んでいるかということも判断材料にしますので、このような場合はかなり不利になってしまいます。特に子供がいる方は、注意しておきましょう。

>旦那の浮気が原因で離婚したのに子供の親権をとられた!?

感情を制御できるかどうか

自分で調査を行うのであれば、自分の感情を制御できるかということも大切なことです。写真などの証拠を取ろうと思うのであれば、夫が浮気相手と楽しそうに会話をしていたり、ホテルに入る場面を目の当たりにすることになります。

その時に、感情を抑えて証拠を取るということを優先させることができなければなりません。また、携帯電話を調べれば、性行為の写真やそれがあったことがわかるメールなどを見ることになります。

夫のことを愛していればいるほど、それは辛いものです。心を病んでしまうような人もいます。そのため、感情を制御できないという人は、自己調査は行うべきではありません。

探偵はどのように調査をするのか

8ef29fc6f3e8565f53270fe00862cdc8_s

探偵に調査を依頼した場合、数人掛かりで夫を追跡することになります。友人関係や行動履歴から、様々な場所を調査し、どこに浮気相手と出掛けるかということを導き出し、裁判で有効となる証拠を掴んでくれるのです。

当然、プロが行うので、その内容は素人よりも格段に確実性が高いです。バレてしまう可能性も低いでしょう。また、離婚を考えているのであれば、そのために取っておいたほうが良い証拠についても、的確にアドバイスしてくれますので、お金のことを考えないのであれば、できるだけ探偵を利用すべきです。

子供がいる人は探偵を利用すべき

自己調査で離婚をした人も多くいますが、特に子供がいる方は探偵を利用したほうが良いです。実際に調査を行うとなると、家を空けることも多くなりますので、その間子供を一人にしてしまいます。

子供がいる人ほどお金は必要なものですが、それで事故が起きてしまえば目も当てられません。心のゆとりは子育てにも影響しますので、できるだけ探偵を利用するようにしましょう。

探偵が失敗してしまうことも

探偵に依頼したからといって、絶対に証拠が取れるとは限りません。証拠を取れない場合もありますし、ヘタをすれば夫に尾行していることがバレてしまうこともあるのです。

このような場合、費用がどうなるのかということに関しては、探偵事務所によって違います。失敗したら絶対に払いたくないという場合は、事前にそのような事態が起きた場合の費用について確認しておき、返金してもらえる探偵事務所を選ぶようにしましょう。

>探偵にもうまい・下手がある!?

探偵と自己調査どちらを選ぶべきか

01df0a3ba569f249a707362f3d0a71d7_s

探偵と自己調査どちらを選ぶべきかということを問われれば、間違いなく探偵です。自己調査はあまりにも危険過ぎますし、長い時間をかけても何の成果も得られず事態が悪化することもあります。

素人が簡単に証拠をとれるほど世の中甘くはありません。さらに、夫がもっとも警戒している相手、それは奥さんです。不審な行動をすればすぐに勘付かれるでしょうし、24時間演技をし続けるというのは、なかなか精神的にもきついものがあります。確実性を求めるのであれば、探偵に調査依頼するようにしましょう。

顔が割れているという事実

警察が犯人を尾行する際、顔が割れている人間にその役をやらせることはありません。人間は次の瞬間、どのような行動を取るかわかりませんし、悪いことをしている人間ほど周囲を警戒しますので、突然振り返る事が多いからです。

夫婦は毎日一緒に生活をしているわけですから、ある程度距離が離れていても、一度見られてしまえば気付かれてしまう可能性が極端に高くなります。そのことを考えれば、一緒に生活している人間が尾行をするのは、リスクが高過ぎるのです。

費用を捻出できない場合のみ自己調査を

探偵に依頼する際には、ピンからキリですが、10~100万程度のお金がかかってしまいます。そのため、どうしてもその費用を捻出できないという場合のみ、自己調査を行うようにしましょう。

ただし、尾行は最後の手段です。携帯電話を調べるというような、家の中でできる調査を積極的に行うようにしてください。

確実な証拠をとれる可能性は低いですが、一番安全ですし、それで浮気を夫に認めさせ、そのことを書面にすることができればそれが確実な証拠となります。現場の写真を撮るというのはプロでなければ難しいので、オススメできません。

最近登録された新着の浮気調査コラム

すべてのコラムを見る