浮気調査に活用できるメール転送機能とは?その方法について

当サイトでは探偵による浮気調査の料金メニューや費用相場をご紹介しています。探偵は業者選びさえしっかり行えば、浮気調査を行うにあたってとても心強い存在ですが、選び方を間違ってしまうと費用のみがかさんでしまい効果が得られにくいなどのデメリットも存在します。探偵選びを行う際には、必ずきちんとした知識を持って確実な業者選びを行うように心がけましょう。

浮気調査に活用できるメール転送機能とは?その方法について

 

これまで浮気を疑ったことがないパートナーの様子が最近ちょっとおかしい・・・と思った瞬間から不安でたまらないと思います。

とくかく怪しい浮気疑惑をメールから発見してしまった場合、そのメールをとことんチェックしたくなるでしょう。ここではメール転送機能を使った浮気チェック法をご紹介します。

メール転送機能を使って浮気メールを見つけよう

携帯メールのやり取りは手軽にちょっとしたヒマがあればできてしまうので、浮気相手とのやり取りにも非常に多く使われる機能です。実際に探偵社に来る人は、浮気相手とのメールのやり取りで浮気を知ったという方が多いのです。

そこでゆっくり浮気メールのチェックをするためには、ターゲットのメールボックスにあるメールの内容すべてをそのままに別のメールアドレスへ送信する機能があります。この転送機能を利用することで自分の携帯電話メールアドレス、またはPCメールアドレスに一括で送ることが可能なのです。

まずは、ターゲットの携帯電話にパスワードロックがかかっているかいないかをチェックする必要があります。そしてターゲットの携帯電話を扱う必要があるのである程度操作を頭に入れておき、ターゲットの携帯電話からメールを転送します。

もしも周りの知人にターゲットと同じ機種を持っている人がいる場合、まずはそれを使用して操作に慣れておくことで失敗なく行えるでしょう。

なかには送信メールを削除して証拠を消している人も!?

しかし浮気相手とのメールは削除されている可能性はとても高いのです。

消去されているかどうかは、送受信済みメール保存可能件数をチェックし、もしも足りなければ消去されているということになります。

浮気をしている人の中には見られた時のことを考えて常日頃からメールは残さないようにしているというツワモノもいます。

携帯の機種によっては「新規メール作成」から「to(宛先)」を開き「送信アドレス一覧・受信アドレス一覧」で表示されるアドレスは基本的に特別な方法で消去しなくてはならないのでここは必ずチェックしましょう。

最近登録された新着の浮気調査コラム

すべてのコラムを見る