浮気相手に請求できる慰謝料の相場はいくら?

当サイトでは探偵による浮気調査の料金メニューや費用相場をご紹介しています。探偵は業者選びさえしっかり行えば、浮気調査を行うにあたってとても心強い存在ですが、選び方を間違ってしまうと費用のみがかさんでしまい効果が得られにくいなどのデメリットも存在します。探偵選びを行う際には、必ずきちんとした知識を持って確実な業者選びを行うように心がけましょう。

浮気相手に請求できる慰謝料の相場はいくら?

 

浮気相手 慰謝料

浮気された側の立場からすると浮気相手には、「できるだけ高額な慰謝料を支払わせてやりたい!」と思うのが普通でしょう。

しかし、どれだけ自分が相手に支払ってほしい慰謝料の金額を決めても、その言い値を浮気相手が支払えるかは別問題です。

そこで今回は浮気相手に請求できる慰謝料の相場はいくらか?どうやって請求額を決めるのか?についてお話しします。

浮気相手に請求できる慰謝料に相場は?

実は浮気に関係する慰謝料には明確な基準が設けられていないので、浮気相手に請求できる慰謝料の相場は30~300万と金額に幅があります。

なぜ慰謝料の相場にはこれぼどの差があるのかというと、慰謝料というのは請求された人が払える金額の中でしか決められないからです。

例えば貯金が50万円しかないという人に、100万円の慰謝料を請求しても支払えないのは明らかですよね。貯金が50万円しかないなら、最高でも50万円までしか請求できないという事になります。

だから浮気相手に慰謝料を請求できる金額は相手によって幅があり、30万円が限界という人もいれば、100万円以上払えるという人もいるんです。

年収によって支払える慰謝料の相場が決まるんじゃないの?と考える人もいますが、そもそも本当の年収をあなたに正直に白状する人も少ないので、年収から慰謝料を請求することは難しいでしょう。

>浮気相手が慰謝料の連絡を無視してきたら上乗せ請求できる?

浮気相手が支払う慰謝料の金額はどうやって決まるのか?

浮気相手に請求する慰謝料の金額は、浮気相手と話し合って示談で決めていくのが一般的で、まずは浮気された側の人が提示する金額がベースになって行きます。

例えば被害者側が「慰謝料100万円欲しい」と言えば100万の金額が請求額のベースになって話し合いが進みます。もし浮気相手がそのまま「100万円払います」と承諾すれば100万円で決定するし、「100万円なんて払えない」と言われれば、「じゃあいくらなら払えるの?」という流れで減額したりして、支払える慰謝料の金額を決めていきます。

裁判を起こして慰謝料を請求しても思ったほど金額が上がらない

話し合いで慰謝料の金額を決めようとしても、自分と相手の折り合いがつかず慰謝料の金額が決まらない・・・という時は裁判を起こして慰謝料を請求することもできます。

もし裁判を起こした場合は、訴える側と訴えられる側の双方が間に弁護士をはさむケースが多いです。

弁護士を雇う事で難しい裁判でもスムーズに話が進む代わりに、自分が求めている慰謝料の金額と比べると、かなり低い金額になってしまいます。(30~50万ほど)

>裁判で浮気相手に慰謝料を請求しても認められないことがある!?

裁判に勝っても弁護費用や裁判費用で慰謝料はほとんど残らない!?

裁判を起こしたり弁護士を雇うには何十万円ものお金がかかります。だからせっかく裁判を起こして請求できる慰謝料の額が決まっても、これらの支払を考えると良くてトントンで、マイナスになってしまうことも珍しくないです。

さらに浮気関係の裁判は【民事裁判】になるので、勝訴したとしても相手が引っ越しをして逃げたりしてしまうと法的処置で罰することができません。もし慰謝料が払わず浮気機相手に逃げられてしまうと、弁護費用と裁判費用の支払だけが残るのでデメリットしかありません。

だから浮気相手に請求する慰謝料の金額は、話し合いで相手が「その額なら支払う」という金額で手を打つ方が良いです。

最近登録された新着の浮気調査コラム

すべてのコラムを見る